f:id:kuro021570445kun:20170104123524j:plain

皮脂が多くてべたつく肌だから、自分は脂性肌だと決めつけていないでしょうか。もしかしたら、それは肌が乾燥していることが原因で脂っぽくなっているからなのかもしれません。
そんな馬鹿なと思うでしょうか。しかし、間違ったスキンケアで乾燥しているのに脂っぽいという例が少なくないのです。皮脂が多くてべたつくという方は、正しい乾燥肌スキンケア3つのポイントに注意すれば改善する可能性があります。
正しい乾燥肌スキンケアその1、まず洗顔は低刺激のクレンジング、洗顔料で優しく行いましょう。脂っぽいからといって強力な洗浄力の商品を使ったり、ゴシゴシ洗ったり、何度も洗顔するのは止めましょう。その2、洗顔後はタオルも水気を拭き取る程度にし、決してこすらないようにします。
その3、洗顔後は間をおかずすぐに保湿します。脂性肌だからと化粧水のみでケアを終了させる方もいますが、これでは肌はうるおうことがなくどんどん乾燥してしまいます。保湿効果のある化粧水を使ったとしても、その与えた水分を逃がさないように乳液やクリームでフタをしうるおいを閉じ込めましょう。
十分に保湿された肌は、肌表面のバリア機能が整い乾燥知らずの健康な肌になることができます。逆に、保湿が不十分だとバリア機能も弱まり、それを補おうとして皮脂を余分に出してしまい、それがべたつきの原因になるのでいつまでたっても肌の状態が改善されなくなるので注意しましょう。