めての上高地!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170523185357j:plain

<

span style="font-size: 150%">(テントを持って山に行きたいな…)

大菩薩嶺にてテン泊デビューをした私。
(とはいえ、テン泊登山とは言い難い難易度でしたが…)



www.for-toru.com
www.for-toru.com
www.for-toru.com



あれ以来、次はどこに行こうかなとあれこれ考える日々を過ごしておりました。
しかし、テント場のあるような山は未だに残雪期真っ只中。
まだテン泊装備を担いで雪の上を歩く自信もなく、
行きたいのに行けないと一人悶々としておりました。




上高地に泊まろう!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170523185512j:plain

そんな時、ふと目にした「上高地」の文字。
私、上高地って行ったことなかったんですよね。
綺麗なところで穂高や槍ヶ岳への玄関口な避暑地くらいの認識しかなかったのですが、
調べてみるといくつかのテント場(キャンプ場)もあるとのこと!

テントも張れて、景色がきれい…
これ写真撮りに出かけるしかないでしょ!

ということで今回はテント泊練習第2弾、
新緑の上高地へと出かけてきました!
登山…ではないけど。



ちなみに今回のお供レンズはというと…

・AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: ニコン
  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: Camera
  • クリック: 118回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る


・TAMRON SP 15-30mm F2.8 Di VC USD

TAMRON 大口径超広角ズームレンズ SP 15-30mm F2.8 Di VC USD ニコン用 フルサイズ対応 A012N

TAMRON 大口径超広角ズームレンズ SP 15-30mm F2.8 Di VC USD ニコン用 フルサイズ対応 A012N

  • 出版社/メーカー: タムロン
  • 発売日: 2014/12/25
  • メディア: Camera
  • この商品を含むブログを見る


・TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD

TAMRON 望遠ズームレンズ SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A005E

TAMRON 望遠ズームレンズ SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A005E

  • 出版社/メーカー: タムロン
  • 発売日: 2010/09/25
  • メディア: エレクトロニクス
  • 購入: 4人 クリック: 169回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る



・SIGMA 15mm F2.8 DIAGONAL Fisheye

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE キヤノン用 対角線魚眼 フルサイズ対応 476403

SIGMA 単焦点魚眼レンズ 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE キヤノン用 対角線魚眼 フルサイズ対応 476403

  • 出版社/メーカー: シグマ
  • 発売日: 2005/10/29
  • メディア: エレクトロニクス
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る


の4本を連れて行きました。
今回は登山じゃないからいいかな!と軽い気持ちでフルメンバーを招集。
いやいや…欲張りすぎですね。
+テン泊装備とあれば…
やはりというか案の定、帰りの行程はしんどかったです。
三脚はいつも通り、山で活躍用のマンフロットのBefreeです。

Manfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ 4段 ボール雲台キット MKBFRA4-BH

Manfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ 4段 ボール雲台キット MKBFRA4-BH

  • 出版社/メーカー: マンフロット
  • 発売日: 2013/06/17
  • メディア: エレクトロニクス
  • この商品を含むブログ (2件) を見る



【工程】

(Day1)静岡~沢渡(駐車場)~上高地バスターミナル~明神~穂高神社~明神~徳澤

※行動は「Sunnto Traverse Alpha」にて記録しております。

SUUNTO(スント) 【日本正規品】 ミリタリー、ハイキング、フィッシング  GPSウォッチ TRAVERSE ALPHA BLACK RED(トラバースアルファ ブラックレッド) Bluetooth対応 SS023157000

SUUNTO(スント) 【日本正規品】 ミリタリー、ハイキング、フィッシング GPSウォッチ TRAVERSE ALPHA BLACK RED(トラバースアルファ ブラックレッド) Bluetooth対応 SS023157000

  • 出版社/メーカー: SUUNTO(スント)
  • 発売日: 2016/12/17
  • メディア: スポーツ用品
  • この商品を含むブログを見る




<5/20(土)1:44>…出発!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170523221513j:plain

前日、定時ダッシュを決め込みそのまま上高地へ!
と思っていたのですが、どうも気乗りせず。
とりあえず一旦自宅へ帰り、
仮眠を取ってから出発。
こういう時、一人っていいなって思います。
AB型ですからね、自分。
とりあえず下道でのんびり向かうことにします。




<5/20(土)5:40>…諏訪湖着!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170523183740j:plain

あっという間に諏訪湖に到着!
あれ?諏訪湖って近い…?
なんて思ってしまったので頻繁に出没するかもしれませんね。
本当に信州はよいところ。私は大好きです!
そして、朝の諏訪湖はとてもきれいでした!



 
 

<5/20(土)6:40>…沢渡駐車場へ!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170523184542j:plain

山道を走りダムをいくつか越えて目的地の沢渡駐車場に到着しました。
このエリアの各所に駐車場があります。
私は沢渡大橋付近の駐車場に停めました。
料金はどこも一日600円です。



運が良いことにこの日は快晴。
この天気の上高地…期待が高まります。
はやる気持ちを抑え、支度を整えてからバス停に向かいます。
と、途中で乗り合いタクシーの運転手さんに声をかけられました。
丁度同じ時にご一緒だったご夫婦と私で相乗りどう?とのこと。
バスは30分後だけど、うちならすぐに出発するぜ!との事。
料金もバス料金+150円、ご夫婦も了承してくださったのでお願いしました。




ちなみに沢渡大橋から上高地までの運賃は、
バス  …1250円(大人一人・片道)
タクシー…4200円(タクシー1台)
となってます。
バスは沢渡エリアどこから乗っても1250円です。

バスに関してはアルピコ交通のサイトをご覧ください。

www.alpico.co.jp



<5/20(土)7:45>…ついに上高地入り!

f:id:Kyo_Ichikawa:20170523185019j:plain

タクシーに揺られる事約30分。
車は「上高地バスターミナル」に到着しました。
…っといきなりあの「穂高」が!
すごい!
スタート地点だというのにしばらく見とれて動けなくなる始末。
このペースだと徳沢まで3日かかるな、こりゃ。



<5/20(土)8:00>…あの光景が目の前に!

バスターミナルから歩くこと約5分…。
あの光景が遂に私の目の前に現れました。
それは…



f:id:Kyo_Ichikawa:20170523190315j:plain

このおなじみのかっぱ橋の景色!
ネットやテレビで見るのと同じです!
そしてお天気も相まってとてもきれい!
水もきれい!
もうすべてがきれいです!
いやはや…久しぶりにはしゃいでしまいました。。




さあ、上高地はまだ始まったばかりです。
まずは「明神」に向かいましょう!





f:id:Kyo_Ichikawa:20170523191626j:plain

歩きながらも周りを見渡すと絶景が。
皆さんきれいだというだけのことはありますね。
納得です。




<5/20(土)9:00>…明神到着

f:id:Kyo_Ichikawa:20170523204343j:plain

かっぱ橋から歩くこと約1時間で「明神」に到着しました。
ここまで平坦な道の為、とても歩きやすかったです。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170523204913j:plain

ここから一路「穂高神社」を目指します。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170523205112j:plain

穂高神社に向かう途中にある明神橋を渡ります。
目の前には前穂高が鎮座されております。
いやはや、絶景ですな。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170523210314j:plain

歩くこと数分で「穂高神社」に到着です。
こちらは奥宮で、本宮は安曇野市内、
そして嶺宮は奥穂高岳の山頂にあります。
「かみこうち(上高地、神垣内)」の名称は、
穂高見神を祀る穂高神社奥宮と明神池があることに由来するらしいですよ。






f:id:Kyo_Ichikawa:20170523211556j:plain

そしてこちらが奥宮の拝所。
神社ですので参拝は「「一揖二礼二拍手一礼一揖」です。
鈴は力強く鳴らしましょう。
私は今後の登山の安全を祈願させていただきました。
ついでにお守りも買っちゃったよ。
こちら奥宮にはあの有名な「明神池」がありますが、
今回は立ち寄りませんでした。
ちなみに拝観料が300円かかります。

ともあれ、無事に参拝も出来たので明神へと戻ります。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170523212139j:plain

再び明神橋へ。
丁度お父様が景色を堪能されてらっしゃる最中でした。
いやはや、お気持ちわかります。
嫌なことなんて忘れちゃいそうなくらい素敵な風景ですものね。
たまには現実逃避もいいものです。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170523214149j:plain

今回はレンズフルメンバーで来ましたので、
ちょこちょこ交換して撮影してみました。
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USDを使って、
前穂高をアップにて撮影してみます。




f:id:Kyo_Ichikawa:20170523214230j:plain

テレ端300mmにて。
山頂もくっきりの描写力。
あの山頂に立つ人がいるとは…。





f:id:Kyo_Ichikawa:20170523215452j:plain

明神から次はいよいよ「徳澤」に向かいます。
丁度新緑の季節、周りの木々も鮮やかで飽きません。
気持ちよいです!




f:id:Kyo_Ichikawa:20170523215813j:plain

そしてなんと桜の姿が!
5月の後半だというのに…これには驚きました。
本当に上高地は春を迎えたばかりなのですね。
とてもよい時期に来れたようでうれしい限りです。





<5/20(土)10:45>…徳澤園到着

f:id:Kyo_Ichikawa:20170523220257j:plain

そして本日の目的地「徳澤」にある徳澤園に到着しました!
バスターミナルからここまで約6km。
大体2時間くらいでしょうか。
しかしながら比較的平坦な道のりかつ風景が素晴らしいので、
そこまでつらくはないかと思います。

さあ!本日はこちらのテント場をお借りしちゃいます。
楽しみですね!


次回に続きます!